スタートアップの方程式
スタートアップの方程式
単行本:367ページ
出版社:ダイレクト出版株式会社
ISBN-13:978-4-86622-024-6
著者:スティーブン・フィッシャー、ジャ=ネイ・デュアン

※この書籍は、「月刊ビジネス選書」会員のみのお渡しとなっております。

商品紹介

この本の対象となるのは、起業やスタートアップをしたい人です。しかし、ただ起業したい人ではありません、、


「リーン・スタートアップ」 「ビジネスモデル・ジェネレーション」 「スタートアップ・マニュアル」 という最新の起業本や方法論を目にしたことがあるような、読書家で勉強熱心な、普通の人とはちょっと違った人が対象です。


このタイプの人は、地頭がよく、失敗を恐れず、創造力と行動力に優れている人が多いです。ビジネスをただのカネ稼ぎの手段とは捉えず、他の人には考えられないような壮大なビジョンを実現させて、でっかいビジネスをしたいと思うような人。社会でも少し稀有な存在です。


あなたはそんなタイプに人ですか? もしそうならこのまま読み進めてください。



全150の細かなステップで、
でっかいビジネスをつくっていく「賢い」起業法

これは起業やスタートアップの最先端であるシリコンバレーをはじめとした世界中のスタートアップ500以上の事例を調査し、創業者40人以上にインタビューしてわかった、でっかいビジョンを実現するために必要な150の要素を1冊にまとめたものです。


Google、Dropbox、Skype、Uber、Airbnb、Netflixのような世界の名だたる企業は、どのようにスタートアップしたのか?資金調達は?ビジネスモデルの組み方は?などなど、


そのようなことを解決してくれるシリコンバレー流のスタンダードがわかります。いわゆる、スタートアップをどうやっていけばいいかの「感覚」がわかります。 こういった情報は日本ではなかなか入ってきませんよね、、


そして理論やデータだけではありません。実際のスタートアップの創業者、起業家達のインタビューした「生のアドバイス」が掲載されているので、理論だけが先行してどう実践すればいいかわからない、机上の空論に終わるということもありません。何十人もの起業家、それも実際に成功している人からアドバイスがもらえる、これほど心強いことはありません。


では、具体的な中身を見ていきましょう、、



あなたはどの起業家タイプ?
(ステップ #1~#16)

起業家には9つのタイプと、7つのアプローチ方法があり、合計63通りのスタートアップ法があります。


Amazonのジェフ・ベゾス、Googleのラリー・ペイジ、テスラのイーロン・マスク、日本で言えばホリエモンや孫正義。


というように、起業家といってもそのタイプはさまざまで、業種や性格、ビジネスアイデアによってその最適なアプローチ方法は変わってきます。


それをまず知ることがスタートアップの第一歩だと著者は言っています。このステップでは7つの質問に答えることで、自分がどのような起業家タイプかがわかるので、わざわざ間違った道に進んで大きなまわり道をせず、最短ルートで成長できます。


例えばイーロン・マスクのように、テスラ、ペイパル、スペースXといったそれ1つだけでも一生に一度できるかできないかというようなビジネス。それも、ムダなまわり道をせずうまくやればたった十数年で実現していくことができます、、



アイデアをお金に変える方法
(ステップ #29~#45)

「アイデアは繰り返しや規模の拡大に耐えることができるビジネスモデルの裏付けがあって初めて意味を持つ。」(本書P103)


でっかいビジネスを作っていくには、時間と莫大な資金が必要ですよね。 ビジネスの時間はお金で買うことができます。逆に成長させたいのにお金がなくて投資できないという話はよくある話です、、


なのでただのビジネスモデルではなく、お金の流れが止まることなく継続的にビジネスを成長させていくような基盤のしっかりとしたビジネスモデルを組む必要があります。


そこでビジネスモデルを考えるには、「ビジネスモデル存在論」の博士論文をもとに応用して考案した「BASEボード」が役に立ちます。


これはあなたにあったビジネスモデル(代表的なもので8つ)とそれに関係するブランド、人材、アイデア、マーケティングファネル、強みや弱み、マーケットなどを漏れなく効率的に考えることができるツールです。


ここきちんと考えることができれば、あなたアイデアをお金に変える方法がわかります。(ぶっちゃけ、ビジネスモデル次第であなたの収入は10倍にも20倍にも高まる可能性があります)


あなたのアイデアを無駄なく、フル稼働させましょう。



ビジネスを一気に拡大する
(ステップ #63~#71)

このステップでは、どうすれば最高のサービスを作れるのか?誰を顧客にするのがあなたのビジネスにとって最も効果的なのか?自動的に顧客が増えていくシステムを作るにはどうすればいいか?がわかります(“究極の顧客体験”を一度作り出すと、それはまたたくまに口コミとして広まり、ビジネスが一気に拡大していくフェーズに入ります。)


あなたが斬新なアイデアを思いつくのが得意なタイプかそうでないかはわかりません。ですが、顧客を究極的に満足させるために必要なのは、いわゆる「アイデアマン」のような素質ではありません。むしろ、PDCAサイクルをきっちりと回していける人だったりします。


ここのステップでは、その「究極の顧客体験」をつくりあげる方法を教えてくれます。
明日には今日よりもいいサービスを提供し、お客さんからは喜びと応援の声をもらい、ちょっとした工夫さえすれば口コミでその顧客体験が自動的に広まっていく、、、売上が右肩上がりになり、それでさらに投資して新しいサービスを生み出したり、機能を強化したり・・・など、もっともっとエキサイティングな日々を過ごせるようになるでしょう。

そして周りの人は、きっとこう言うはずです。
「すごいですね!どうすればそんな風になれるんですか?」と・・・。



スタートアップの方程式を実践する
(ステップ #139~#150)

最後の仕上げのステップでは、いよいよこれまでのステップを実際の行動に移していきます。 結局のところ、どれだけ優れたアイデア、どれだけ優れた人でも、それを行動に移さなければ、それは全く無価値なものにほかなりません。


どんな小さなことからでも「行動」していくことが何よりも大切です。 そのためにスタートアップのすべての要素をすぐ行動に移せるようにまとめたSEEDボードと呼ばれるワークシートを使って、あなたの頭にある構想や考えをどんどんアウトプットしていって下さい。この時点で、多くの考えるだけで終わっている「起業志望家」から、実際に行動に移していく「起業家」の一歩を踏み出していくことができます。



このページから申し込むと2,000円OFF!

 今日、このページからお申込みいただければ、通常価格4,980円のところを2000円OFFの2,980円にて提供させていただきます。

目次

序文 冒険の始まり
セッション1 方程式を発見する
第1章 起業家=あなたの時代
第2章 スタートアップ経済の出現
第3章 変化を起こす6つの力
第4章 スタートアップの方程式…

セクション2 基礎を固める
第5章 起業家の旅
第6章 大きなアイデア
第7章 敏捷さが強み

セクション3 経験を作り出す
第8章 ワオ!の文化
第9章 偉大なチームを組織する
第10章 究極の顧客経験を作る
第11章 ブランドの秩序

セクション4 夢を育てる
第12章 資金調達の道
第13章 マーケティングの錬金術
第14章 販売=幸せな顧客作り
第15章 スケールアップの可能性
第16章 イノベーションを続ける
第17章 未知の要因の指数関数的な力

セクション5 冒険の地図を描く
第18章 自分だけの冒険を選ぶ

著者紹介

ジャ=ネイ・デュアン

ジャ=ネイ・デュアン(Ja-Nae Duane)

20年以上にわたり、ジャ=ネイ・デュアンは1つの使命に集中してきた。それは、できるだけ多くの人の人生をより良いものにするというものである。その目的を念頭において、ワイルド・ウィメン・アントレプレナーズ、ザ・リーダーズ、ザ・ナショナル・アーティスティック・エフォート、ザ・マサチューセッツ・アーティスト・リーダーズ・コアリションなど、5つの組織を創業、あるいは共同創業してきた。
現在はザ・レボリューション・インスティテュートのトップとして社会科学研究に携わるかたわら、エマーソン・カレッジとノースイースタン大学で教鞭をとっている。クラーク大学にも客員起業家(アントレプレナー・イン・レジデンス)として籍を置いている。
『How to Start Your Business with $100(仮邦題:100ドルでビジネスを始める方法)』の著者であり、自らの経験を通して起業家であることの意味を理解しているジャ=ネイは、スタートアップへの優れた助言者である。これまで彼女の仕事はAP 通信、ナショナル・パブリック・ラジオ、『Classical Singer(仮邦題:クラシック歌手)』誌、『ボストン・グローブ』紙、『ビジネスウィーク』誌に取り上げられてきた。
2007年には、同年にニューイングランドで最も革新的であったリーダーの1人に選ばれた。
本書『スタートアップの方程式(The Startup Equation)』は、夫であり親友でもあるスティーブン・フィッシャーとの記念すべき最初の公式の共著である。

スティーブン・フィッシャー

スティーブン・フィッシャー(Steve Fisher)

スティーブン・フィッシャーは未来を愛している。その思いに駆り立てられ、これまで20年間にわたって受賞歴のある立案者、そして戦略家として、企業や政府をサポートし、また自らのスタートアップが最高のイノベーションを駆使して競争に勝つことに尽力してきた。
彼は価値のあるベンチャー創造と、経験立案、イノベーション戦略を提供している。彼のスローガンである「イノベーションの反逆を解き放て」は、世界中で展開されている彼の仕事の土台となっている。起業家としての経験に加えて、ボストンのテクノロジー企業で、世界的なユーザーおよび製品経験の責任者を務めたこともある。
彼はまた、数多くのスタートアップの助言者でありエンジェル投資家でもある。趣味としてホットヨガのインストラクター、ビール造り、映画製作もしており、ジョス・ウェドンの『ファイヤーフライ 宇宙大戦争』および『セレニティ』へのトリビュートである『Browncoats:Redemption(仮邦題:ブラウンコート─贖あがない)』の共同制作とプロデュースをしたことで知られている。食べるのが速く、走るのが遅い人間でもある。
本書『スタートアップの方程式(The Startup Equation)』は、妻であり親友でもあるジャ=ネイ・デュアンとの初めての共著であり、今後もこの共同作業が続くことを彼は願っている。

カスタマーレビュー

レビューを見る

月刊ビジネス選書会員
限定書籍

ページの先頭へ戻る