商品の説明

1回1000万円?

 著者のダン・ケネディは、世界屈指の億万長者メーカー。マーケティングコンサルタントとして知られています。そして彼のフィーは超高額で有名です。コンサルティング料金は1日最低128万円。コーチングプログラムは年間320万円。そして、広告キャンペーンのプロジェクトとなると1プロジェクトあたり1000万円以上+売上に応じた%ロイヤリティがかかります。

こんな料金で誰が申し込むんだ?と思うかもしれませんが、実際は、これらの超高額なサービスはいつも完売御礼、キャンセル待ちの状態です。

つまり、この本で彼が語る価格戦略は、実際に高額な商品サービスを売ったこともないような理論家のものではありません。実践で使った、価格戦略なのです。あなたは価格設定でこんな間違いしていませんか?

エイヤッ!と自分の「直感」で価格を決めてしまう…「あそこが1万円くらいだからウチは…」競合と同じような価格帯にとどめてしまう…「原価が3,000円かかったから、これくらいで」原価がいくらだから、これくらいの利益を乗っけていくら、と決めてしまう…

このような間違いは、あなたも身に覚えがあると思います。しかし、この本によれば、これらの間違いは、次の最大の間違いに比べれば小さな事です。それは・・・お客から見て、自分の商品がいくらの価格が適正なのか、そのポジショニングを知らないということです。

ここに大きな問題があります

 ほとんどの社長・起業家は自分の商品の適正な価格を知りません。そして、今は決して景気がよくないので、「不景気だから安くしないと売れない」と考え、値引き合戦をしてしまいます。値引きは麻薬のようなもので、その時は、気分がよくハイになることができます。しかし、麻薬が切れると、、、また値引きしなければ売上がたたない・・・という負のスパイラルを作ってしまいます。

この「世界一ズル賢い価格戦略」のメインのテーマはいかに「儲かる価格設定」をするか。いかに、あなたの商品を本来の価値の価格で売るか?ということです。そして、それらを理論や理屈ではなく、著者ダン・ケネディ自身の実体験やクライアントの実体験に基いて書かれたのがこの本です。なので、効果実証済み。極めて実用的な価格戦略の本だと言えます。

思い浮かべてみてください。長期的に利益を出し続けている優良企業はみんな、安売りなんてしていません。「ブランド」と呼ばれるように競合他社よりも、高い価格で質の高いサービスを提供しているところがほとんどです。

もしあなたの商品を今の価格よりも、高い価格で売ることができれば、ビジネスは生まれかわります。利益は何倍にもなるでしょう。それを自分の収入としてもいいし、その分、広告費などにも投資してもっと事業を拡大してもいいでしょう。いずれにせよ、今より高い価格であなたの商品/サービスを売ることができれば、やっていることは全く同じでも、ビジネスは生まれ変わります。

「ビジネスは価格に生きて価格で死ぬ」

これは著者の言葉です。もしあなたが、自分の商品・サービスをもっと高い価格、本来の価値の分の価格で売りたいと思うなら、この本は必読です。この一冊を本棚に入れておけばいざ、商品の価格を決めるときに間違いなくあなたのビジネスにとって、とても強力な武器になることでしょう。

以下が本書の章立てになります。よく見てみてください

目次・章立て

Preface
価格、利益、力、富の関係
―この本を読めば億万長者も夢ではないワケ
ダン・ケネディ

ライバルの値下げに戦々恐々
ライバルを怖れる気持ちが大切な経営判断を鈍らせる
価格競争は勝ち目のない不毛な争い
価格、利益、力、富は正しい選択がもたらすもの
100%確実に成功する億万長者の価格戦略

Part 1
世界一ずる賢い価格戦略〈理論編)

Chapter1
価格戦略の落とし穴に落っこちるな
ダン・ケネディ

あなたは武器を持たない戦場の兵士
価格戦略は経営者の利益を生み出すツール
事業を行ううえで最大の落とし穴とは何か
最大の失敗をする人、最大の成功を手にする人

Chapter2
その値下げ、ほんとに必要?
ジェイソン・マーズ

値引きとは価値を下げること
値下げをすると、一緒に質の良くない客がついてくる
価格を下げる代わりにたくさん買ってもらう方法
「無料」との勝負に勝ち目はあるか、やっぱりないのか?
売り手が思うほど買い手は無料に価値を感じていない
無料にした商品の価値は二度と元に戻らない
経営者に必要なのは価格に真剣に向き合うこと
無料への3つの向き合い方 戦う、降伏する、逃げる
「無料」を味方にしてしまう画期的な方法
顧客との信頼関係を築く新しいマーケティングの方法
絶対にやってはいけない無料にするときの2つのタブー

Chapter3
その値下げ、見返りはある?
ダン・ケネディ

値下げや割引より特典をつける
相手からの見返りに応じてときには割引してもよい
値引きしていいとき 値引きしてはいけないとき
「お金」という商品を値引きして販売する
驚くべき事実が判明したスプリットテストの結果

Chapter4
「無料」というガン細胞
ダン・ケネディ

違法ダウンロードは当たり前
コツコツ貯めたお金で欲しいモノを買う時代
買い求めたのは自分が払えるモノだけ
カードでモノを買う時代から無料でモノをもらう時代へ
値下げプレッシャーへの免疫力をつける方法

Chapter5
さあ、無料との戦いに乗り出そう
ジェイソン・マーズ

無料ビジネスに対抗する!
試行錯誤の繰り返しで無料ビジネスを退治する
質のよいサービスを提供すれば値上げしても顧客はついてくる
「無料」にも払うべき代償、コストは存在する
見込み客の中から本当の顧客を見つける
世の中にはやっぱりタダより高いものはない!

Chapter6
「無料」で戦うときの3つのステップ
ダーリン・スピンドラー

無料でも稼ぐ仕組みづくり
無料を宣伝するために「第3の手」を使う
無料で稼ぎ出すための3つのステップ
3万人の新規顧客を獲得した常識外れの方法

Chapter7
「ありふれた考え」を捨て去ろう
ジェイソン・マーズ

なぜありふれたモノを売るのか
どこにでもある酸素が442ドルでも売れる理由
1ドルの下着と同じ素材の高級下着がなぜ売れるのか
高級品のセールス戦略と正しい価値のつけ方
コモディティ商品でも付加価値をつける方法
価格競争に敗れる者、生き残る者の境界線
なぜトイザらスが敗れ、イケアが急成長したのか
コモディティ化に対抗する零細企業はみな潰される
ウォルマートにない商揃えで生き残った鉄道模型専門店
スターバックスにはなくて高級紅茶店にはあるもの
「行き過ぎた個人主義」からの脱却を求める消費者
価値に不釣り合いな値下げは消費者への詐欺行為

Chapter8
「差別化」の持つ力
バリー・ライカ

現金払いのみでも文句を言わせない
ニーズを満たすサービスに人は喜んで大金を払う
顧客の心をつかむ方法1 ハワイの釣り人に学ぶ
顧客の心をつかむ方法2 差別化の3つのステップ

Chapter9
BtoBにおける価格戦争 ―最後に笑うのは誰?
ダン・ケネディ

BtoBビジネス最大の誤解
販路を絞ることも立派な差別化戦略
高額商品やサービスは顧客のプライドを刺激する
ライバルより倍の価格で勝負する逆転の発想
安い商品・サービスを手に取る3つの理由
億万長者だけが知っている価格競争に勝つセオリー

Chapter10
価格と製品の鎖を断ち切る
ダン・ケネディ

ブランドは価格の一部
スターバックスとそれ以外のコーヒーショップの違いは?
価格と製品の関係図はあなたの頭の中だけのもの
製品と価格の鎖を断ち切る3つの方法
消費者の期待が高ければ価格を上げても大丈夫
見た目と話し方を変えるだけで消費者は高級感を感じ取る

Chapter11
「買わずして買っている」の持つ力
ダン・ケネディ

ロールスロイスを衝動買い
高級物件が売れる地区、売れない地区のわずかな差
気持ちに訴えれば、消費者はお金に糸目をつけない

Chapter12
価格弾力性のヒミツに迫る
ディーン・キリンベック

贔屓客だけを相手にする
あなたにとって「最高の顧客」とは誰か
見込み客から成約するダイレクトメールの送り方

Chapter13
効果的な5つの価格提示メソッド
ダン・ケネディ

見た目が収入を決める?
顧客に提示する価格をコントロールする
これが、効果的な価格を提示する5つのメソッド
消費者はあなたの商品・サービスが存在する事実を知らない
セールスの方法はテレビショッピングを見習え!

Chapter14
狙うはニッチとサブカルチャー
ダン・ケネディ

誰もが持っている属性
知られざる鉱脈ニッチとサブカルチャー
価格の制約を逃れると見えない価値が生まれてくる
売り手の誠意ある行動が顧客に最大の価値をもたらす
価格を自由に設定する「流通路線戦略」
サブカルチャー向けに特化したある家具メーカーの戦略

Chapter15
「連想の原理」が成功を生む
ダン・ケネディ

価格における連想の原理
同じ品質の肉をほかより高い値段で売るステーキ屋
地域ナンバーワンになる「価格戦略」の中身
セレブをうまく利用してビジネスを拡大させる

Chapter16
不況という落とし穴から抜け出すために
ダン・ケネディ

ビジネスは価格をめぐる戦場
不況下の生き残りは価格のココで差をつける!
利益が出なければ価格競争に対抗できない
出版ビジネスで確実に利益を出すユニークな方法
純利益を稼ぎ続ける仕組みをこうしてつくる1
10%の値上げで利益を倍にする賢い方法
売上数の増加がもたらす怖い罠
少ない売上数が今と同じか今以上の利益を生む
売り手も買い手も両方喜ぶ「値引き戦略」
数字嫌いのための正しい価格設定法

Part2
世界一ずる賢い価格戦略〈実践編〉

Chapter17
さあ、実際に値決めをしてみよう
ジェイソン・マーズ

適正価格をつけられる人はいない!
価格設定の落とし穴 その1:思いつき
価格設定の落とし穴 その2:業界の常識
価格設定の落とし穴 その3:顧客の言い値に振り回される
価格設定の落とし穴 その4:コストプラス方式
顧客にとって売り手のコストと利益は関心外
価格設定の落とし穴その5:目標価格設定
価格設定の目的は利益を確定させること
高価格商品を提供するスキミング戦略にする
買い控えに対処するシーケンシャル・スキミング戦略
浸透価格戦略は巨大なスケールメリットを追求する
9や7のつく価格は消費者にアピールする?

Chapter18
前払い制のすすめ
ダン・ケネディ

金持ちが必ずしている習慣
金持ちは前払いで報酬を懐に入れていく
会員制ビジネスで顧客に特別な付加価値を提供する
保険証を持っているのに治療してもらえない患者たち
高額VIPカード発行で優良顧客を買い込む

Chpter19
悪徳まがいの儲け術―こんなのあり?
ダン・ケネディ

セルフビジネスで儲ける!
オプションの追加サービスで顧客から金を巻き上げろ!
悪徳商法と健全な商売のグレーゾーンはどこ?
通販の「送料・手数料込み」は誰の利益になっているのか
請求書には不当利益がちゃんと計上されている

Chapter20
値下げ中毒社員に気をつけろ!
ジェイソン・マーズ

社員は従順は大ウソ
頼んでもいないのに勝手に値引きしてくれるカラクリ
値下げすれば客は喜ぶと誤解している人たち
勝手に値引きする社員が利益を食い潰している!
あなたの会社から値下げ中毒を根絶する方法
利益と価格戦略を守る一番手っ取り早い方法
値下げ根絶のために残された最後の選択肢
会社の利益を守るのは経営者の一人だけ

Chapter21
誰の意見を採用する?―価格戦略の4人の審判
ダン・ケネディ

価格戦略に影響力があるのは誰?
価格戦略の相関関係 敵は敵、味方も敵

Chapter22
不況下での価格戦略
ダン・ケネディ

不況だから値下げは大間違い
消費者の節約志向に気づいた人、気づけない人
回数を減らしても一回の外食費は逆に増えている
不況時にはそれなりの商売のやり方がある!
ニューエコノミーの時代の足音が聞こえてきた!
高額商品を買ってもらう仕組みをどうつくる?
稼ぐ気のない従業員が売り上げを逃がしている
全ビジネスマンに共通する「5つの意識」の欠如

Part3
世界一ずる賢い価格戦略〈サンプル編〉

Chapter23
効果的な広告サンプル
―マーズ夫婦に学ぶ、価格戦略の上手なアピール方法とは?

差別化を生む広告のパターン
あとがき ジェイソン・マーズ
     ダン・ケネディ
著者紹介


などなど、稼げる値決めの方法を知り、あなたの商品やサービスの販売効果 を上げる秘訣がもりだくださんです。 この本を読み終わるころには、価格に対する恐怖心や身構える気持ちから解放され、 自信と価格戦略に対する正しい知識と創造性を身につけて、あなたの利益を短期間で増やすことができるでしょう。

90日間保証

まずは、今日、この商品を試してみてください。 そして、この中のたくさんのテクニックを試してみてみてください。

そうすれば、今まで以上の売上アップが期待できることでしょう。もし、この商品を試してみて、気に入らないようでしたら、どんな理由があろうと、購入日より90日間以内に、商品を返品してくれれば、代金は全額お返しいたします。

連絡先:お問い合わせメールフォーム
TEL : 06 – 6268 – 0850(平日10時~17時受付)
FAX : 06 – 6268 – 0851(24時間受付)

著者紹介

ダン・ケネディ
全米で多くの億万長者を生み出してきて、「億万長者メーカー」と呼ばれている。彼にはいくつもの顔があり、著者としては11冊以上の本を出版、そのうち6冊は日本語版も出版されている。
講演家としては、9年連続で、20~27以上のイベントに出演。ブラアントレーシー、マーガレットサッチャー元英国首相、ブッシュ元大統領、レーガン元大統領、シュワルツコフ将軍などと講演をともにする。国内の協会、企業、独立系セミナープロモーターなどとの現役中の契約は2000を超える。現在は講演をうけることは滅多にない。
マーケティング・コンサルタントとしては、32年のキャリアをもち、年商数千万円~数億円規模の会社から数千億円規模のクライアントを育てている。(その中の一社はニキビケアのTV通販で世界No1になりました。テレビCMで有名なプロ○クティブ)
彼の月刊ニュースレター『屁理屈なしマーケティング・ニュースレター』は現在、米国で2万人以上の会員、日本で2000人以上の会員の元に届けられている。
現在のコンサルティングフィーは1日128万円。コーチングプログラムは年間320万円。
コピーライティングプロジェクトは1000万円前後+%ロイヤリティ。(全てキャンセル待ち)2009年彼のコーチングクライアントの主催するセミナーには合計で10万人以上が出席した。起業家、マーケターにとって極めて影響力の強い人物である。

ジェイソン•マーズ
ジェイソン・マーズ
マーケティングスペシャリスト。
起業家や各界のプロフェッショナルに対し、斬新な切り口で価格をはじめ数々のビジネス戦略の指導を行っている。クライアントの価格に対する恐怖心と誤った考え方を取り除くことで、本来の利益を生み、さらなる飛躍のチャンスを与えるサポートを行っている。
起業家としても知られており、ヘルスケア、教育、出版関連、コンサルティングなどの分野で大きな成功を収めている。

カスタマーレビュー

個人の感想であり成果や効果を保証するものではありません。

レビューを見る
  • 価格3,700(税抜)
  • 通常配送無料
この商品を購入する
ページの先頭へ戻る