最新刊のご紹介Latest Book

Simplify

Simplify

著者:リチャード・コッチ

イケア、アップル、ウーバー、エアビーアンドー、、あなたもよく知っている企業ではないでしょうか?実は、これらの急成長を遂げた企業には「ある共通点」があります。 この法則を見つけたのは、「リチャード・コッチ」という人物です。彼は、「80:20の法則」や「スターの法則」を執筆し、10億円の資産と数々の事業を持ち、会社を数十億円規模までに成長をさせた起業家たちにビジネスを教える人物です。 彼はこの「スターの法則」に則り企業に投資することで、23年間スタートアップ16社に投資して、そのうちの8社から少なくとも元金の5倍の利益を得ました。 しかし、彼は1つの問題に気づきました。「スターの法則」によって、既にある企業が優良な企業かどうかは分かるが、スター企業を”創出する方法”は分からない…ということです。 彼はこの問題に気づいてから、必死にスター企業を創出する方法を探し続けました。 そして、スター企業を創出する方法を探し続けて40年。彼は”ある答え”にたどり着きました。 新しいビックビジネスを創出する方法 その答えとは、「ビジネスと市場を”シンプル化”する」ことです。イケア、アップル、ウーバー、エアビーアンドビーは「シンプル化」によって急成長を遂げていたのです。 なぜ、シンプル化が急成長の鍵だと言えるのか?それは、過去100年ほどの間に成功した企業を研究していたところ、ほとんど全ての成功例が「シンプル化」によって、急成長を遂げているというデータが出たからです。 過去100年の間に成功した人物、ヘンリー・フォード、マクドナルド兄弟、ウォルトディズニー、盛田明夫、、など彼らの成功の共通点は全て「シンプル化」によるものだったのです。 ビジネスを急成長させる「シンプル化」とは一体何か? では一体ビジネスを急成長させる「シンプル化」とは一体何なのか?それは、ある2つのアプローチに分かれます。 1つは「価格のシンプル化」です。一言で言えば、あなたの商品とサービスを半額以下にすることです。そんなこと出来ない…と思われるかもしれませんが、実際に大幅に値下げをして、成功した企業は無数にあります。 例えば、格安航空会社はフルサービスのライバル航空会社と同じ満足感を与えてくれると思えませんが、人を迅速・安全に運んでくれるという基本的な所は変わりません。このようにちょっとした工夫で、大幅な値下げをすることを「価格のシンプル化」と言います。 もう1つは、「プロポジションのシンプル化」です。これは新しい商品を作ることによって、これまでになかった全く新しい大きな市場を作ることです。例えば、iPadが出てくる以前では、タブレット型のコンピューターはありませんでした。 しかし、iPadが市場に出たことによって、「タブレット型のコンピューター」という新しい市場が創出され、結果的に市場規模が拡大しました。このように、新しい商品を出すことによって、新たな市場を作り出すことを「プロポジションのシンプル化」と言います。 どちらのシンプル化の方法を使えばいいのか? ここで、1つ問題が生じます。それは、あなたの会社には「価格のシンプル化」「プロポジションのシンプル化」どちらのシンプル化を使えばいいのか分からない…という問題です。 一体どうしたらいいのか?それは、P109〜ページを見てください。あなたに向いているのはどちらのシンプル化なのか?それを明確にするための、「4つの質問と適正テスト」があります。 どちらのシンプル化をすればいいのか?を決める4つの質問を知ることができるので、これから会社を全国展開する時に、どのような戦略を取れば事業が上手くいくのか?その明確な道筋を得るヒントがしれます。 また、シンプル化を決める適正診断も受けることができるので、あなたの会社がどちらのシンプル化戦略に向いているのか?一目で確認できます。会社の戦略が明確になるので、ライバル企業がやっていないプロジェクトにどこよりも早く着手できるようになります。 逆にライバル企業が先にこれをやってしまえば、あなたは市場から置いてきぼりの存在になっていきます。なので、今すぐこの適正テストを受けて、シンプル化戦略をすることをオススメします… そして、これが「Simplify〜マーケットを支配する最強のビジネス戦略」で、あなたの会社を急成長させる秘訣が書いてある全ての内容です。

最新刊のご紹介

2018.06.07

詳細はこちら

ベストセラーBest Seller

著者一覧はこちら

月刊ビジネス選書のススメ

1.最新刊が毎月届く/2.電子書籍読み放題/3.満足保証&満足度99.1% 1.最新刊が毎月届く/2.電子書籍読み放題/3.満足保証&満足度99.1%

最近、日本のビジネス書のレベルが
下がってきていると思いませんか?

中身のない本、読者を馬鹿にしたような本が
増えてきたと思いませんか?

ご存知の通り、洋書にはたくさんの優れたビジネス書が眠っています。
しかし、一部のベストセラーを除き、そのほとんどが日本に入ってくることがありません。
なぜなら、翻訳や製作のコストがかかるわりには売れないからです。

ですから、ほとんどの人は世界にある素晴らしい知識の詰まった本を知ることがありません。

これは、とても残念なことだと思いませんか?

そこで始めたのがこの月刊ビジネス選書です。
埋もれた名著を探しだし、通常なら出版されることのなかった、
優れた本を選んで、あなたの元にお届けするサービスです。

ビジネス書が大好きな私たちにとって最もワクワクする事業の一つです。

詳細はこちら