90日間保証

気にいらなければ全額返金。しかも本を返品する必要はありません!

今日、この本を試してください。もし内容が気に入らなければ、今日から90日以内なら無条件で返金します。電話一本、メール一通頂ければすみやかに対応します。 しかも、本を返品する必要はありません。手元に置いていただいても、処分していただいても構いません。

通常、出版業界には保証なんてものはありません。本の内容が気に入らなかったらお金を返してもらう、なんて事はどこの本屋でも出版社でもやっていない事です。しかも、返品すらしなくていいなんて、業界の人が聞いたらバカだと思うでしょう...

でも、私たちはそうは思いません。

理由は簡単です。本の内容に本当に自信があるからです。役立つ良い本だったら、返金しようなんて思いませんよね? でも、そこがポイントなんです!つまり、本当に役立ついい本じゃない限り、私たちのビジネスは成り立たないのです。実際この本を手にとってみて、読めば納得してもらえると思います。

もし読んでみてしっくり来ない...あるいは、使ってみたけどイマイチだった、あるいは読みきれそうにない、など、理由は何でも構いませんが、気に入らなければ90日以内に知らせてください。全額、無条件で返金します。本を送り返す手間も費用もかかりませんから、あなたにリスクはありません。

圧倒的に優れた知識、価格を大きく超える価値が手に入ることをお約束します。

これが私たちの「満足保証」です。

連絡先 メール:お問い合わせメールフォーム
TEL : 06–6268–0850(平日10時~17時受付)
FAX : 06–6268–0851(24時間受付)

書籍

  • TOP
  • 書籍
  • リスト・ビジネスの教科書
リスト・ビジネスの教科書

リスト・ビジネスの教科書

価格¥2,980(税込¥3,278)

  • 通常配送料無料

商品の説明

もしあなたが、自分の好きことでお金が稼ぎたいと思っているっているなら、このページは重要です。なぜなら、一歩ずつ進めれば、誰でも好きなことをして利益の出るビジネスモデルを構築して、ゼロから顧客を集めてお金が稼げるようになる実践的な方法を知ることになるからです。


 


稼ぎ続けている起業家に共通する

あなたの知らない秘密

継続して稼ぎ続けている起業家の秘密について、誤解を恐れず言うと、好きなことや、やりたいことをビジネスに選んでいるということです。ビジネスでは良い時も悪い時もありますが、より苦労する期間が長いのではないでしょうか?苦労が多いのに彼らがうまくいくのは、そのビジネスが好きで情熱を傾けられるので、長く続けることができるからです。逆に儲かっていても、したくないことで稼いでいては、精神的な苦痛はいつまでも続くのです。


なので、もしあなたがビジネスを始めるとしたなら、できるだけあなたが好き、あるいはやりたいことをするのが成功するコツです。では、あなたが好きなことをビジネスにすれば、必ず成功するのか?そこが問題ですよね。でも、心配いりません。これからあなたに、ゼロから好きなことをビジネスにして、集客して収益化できるまでの実践的な方法を伝授するからです(しかも成果は実証済みです)。


それを教えてくれるのが、著者のメアリエレン・トリビー。大企業のCEO、大手出版社の経営、ベストセラー本の執筆や世界各地でのビジネスやマーケティングについての講演、そのうえ、3人の子どもに恵まれて幸せな結婚生活まで送っており、周りの人がうらやむようなビジネス人生を歩んでいました。ですが、本音のところでは、ずっとモヤモヤした気持ちが晴れたことはありませんでした。


お金は稼げていましたが、自分のしたいことを後回しにしていました。いずれは、働く母親たちの夢の実現の手助け、望み通りの人生を送る手助けをするビジネスをスタートさせ、成功させようとは思っていました。ですが、「いずれ」「そのうちね」と、ずっと自分に言い聞かせていたのです(あなたもそうしていませんか?)。


目次

  • INTRODUCTION

    起業は面白い


    「いつかそのうち」を「現実」にするためのガイド…001

  • Part1 市場と理由 効果的なリスト作り

    01

    ビジネスになるアイデア ブレインストーミングで見分ける


    3つのPを発見する:

    パッション(Passion)、目的(Purpose)、利益(Profit)…015

    そのアイデアで本当に売れるのか?…019


     


    02

    市場とテーマ その違いを理解する


    小さく始めて大きく育てる…026


     


    03

    市場規模 程良い大きさを見極める


    問いのあるところに答えあり…030


     


    04

    購読者アバター 理想的な顧客を思い描いたリスト作り


    具体的に顔を与えると、情緒面が浮かび上がる…035


     


    05

    競合分析 ライバルがいた方がいい理由


    2種類の競合相手はこう捉えるとよい…040

    クイックスタートのためのまとめ…042

  • Part2 事業分析 何に集中すべきか

    06

    確かなモデル 機能しているシステムを下手にいじらない


    アイデアを、3つのマガジン・モデルのいずれに変換するか…045

    専門家パネル・モデルの長所と短所…049

    単独カリスマ・モデルの長所と短所…052

    無名モデルの長所と短所…053

    利益を堅実に上げられる、実証済みの3つの方法…055


     


    07

    ネーミング 絶妙な名前をつけるポイント!


    決め手はネーミング…060

    顧客が欲しいものは顧客に選んでもらう…064

    ネーミングには、K.I.S.S.が大事…067


     


    08

    デザインと変数 インボックス・マガジンのよくある質問


    発行頻度は市場によって決まる…069

    読んでもらえる確率が高い曜日はいつか?…070

    フォーマットは、テキストとHTML、どちらが適切か?…072

    部分配信よりも、完全版をおススメする理由…073

    有用かつ実行可能なアイデアで読者を惹きつける…074

    ガイドラインを決めたらそれを貫く…076

    基本的なガイドラインからスタートして、テストを繰り返す…076


     


    09

    システム構築 テクノロジーを活用する


    迷惑メールとして処理されないようにする…080

    ウェブサイト作成をますます簡単にする優れもの…081

    購読者を呼び込み、インボックス・マガジンを送るシステム…083


     


    10

    アクション 時間を置かず、すぐにやる


    【step1】 マガジン・モデルを決める…086

    【step2】 収益化モデルを決める…087

    【step3】 名前を決め、キャッチフレーズを作る…088

    【step4】 配信スケジュールとフォーマットを決める…089

    【step5】 インボックス・マガジンの構成を決める…090

  • Part3 製品作り コンテンツの作成を容易にする秘訣

    11

    専門家パネルの構築 コンテンツこそ花である


    専門家パネル構築のための3つのステップ…097

    【step1】 パネリスト候補のブレインストーミング…098

    【step2】 寄稿者候補に連絡をとる…105

    【step3】 寄稿者をパネリストに変える…111


     


    12

    記事作成 記事作りを簡単にする方法


    3つのリソース①Googleアラート…114

    3つのリソース②口述筆記…115

    3つのリソース③コンテンツの保存…117

    読者が満足する記事の構成とは…119

    魅力あるコンテンツに不可欠な7つの要素…120


     


    13

    穴埋め記事 編纂済みコンテンツを調達する


    PLRコンテンツとは…126

    記事サイトから作家に連絡をとる…127

    著作権消滅コンテンツを探す…129


     


    14

    いざ実践へ 後れをとってはいけない


    具体的な製作段階へ突入する…134

  • Part4 購読者基盤の確立 1000人のリードを獲得する詳細プラン

    15

    購読者を獲得する 着地させたら離さない


    顧客基盤作りの基礎を理解する…137

    ランディングページの構成要素…150


     


    16

    リード・マグネット 効率的なリスト作りを促進する


    リード・マグネットとして有効なものは何か…156

    PDFファイルのレポートがおススメと言えるワケ…157

    強引な印象を避けるサンドイッチページとは…159

    リード・マグネットのカギはコンテンツの面白さ…163


     


    17

    最初の1000人 顧客基盤を確実なものにするナンバー・ゲーム


    【step1】 ソーシャルメディアを使ったマーケティング…166

    【step2】 記事マーケティング…170

    【step3】 コンテンツの同時掲載を活性化させる…178

    パネリストになるためのコンタクトのとり方…179

    【step4】 プレスリリース…182

    【step5】 バイラルPDF…184

    【step6】 広告やリソースの交換…185

    関係継続のコツは、損して得とれ…186

  • Part5 本格始動 顧客リストを着実にお金に替えていく

    18

    収益化 その賢いやり方


    アフィリエイトの利用を促進する…191

    アフィリエイト相手と真のパートナーシップを築く…191

    1万人の壁を超えたときが、新たな取引のチャンスである…193

    質の高い顧客基盤を築けば、数値目標も上げられる…194

    インボックス・マガジンで広告スペースを販売するなら…196

    広告主にとって使い勝手のあるデータカードにするには…204

    広告主に向けた広告メディア・キットが大事な理由…209

    リストを貸してお金に替える…212


     


    19

    発行者モデル コンテンツ帝国を築く


    どんなニーズがあるかを特定する…216

    発行者メソッド1:専門家とのジョイントベンチャー…219

    発行者メソッド2:コンテンツの購入および使用権の取得…223

    発行者メソッド3:ゴーストライターを雇う…228

    発行者メソッド4:専門家にインタビューする…233

  • Part6 大か小か 会社を成長軌道に乗せる

    20

    数字で評価する 数字を理解すれば、一層の成長を手にできる


    毎日確認すべき数字…239

    固定費と変動費を把握する…240

    現実的な費用を検討する…240

    ライフラインとしてのリスト…242

    キャンペーンの結果を日々追跡する意味…244

    事業が目標に向かって正しく進んでいるかを見る重要指標…247

    長期的に見た指標の管理…254


     


    21

    チームを築く 素晴らしい組織はこう生まれる!


    誰を、いつ雇うか──事業の成長とともに…262

    売り上げ100万ドルを超えたとき、必要な人材とは?…265

    絶対に外注に出してはいけないものがある…267

    銀行に預けられるのは、総売り上げではない、利益である…268


     


    22

    事業売却 大金を得る日のために


    事業価値を最大化する…273

    売却は、本当にいいことずくめなのか…276


     


    EPILOGUE

    血と汗と涙の結晶


    決して諦めず、学び続ければ、必ず成功する…278

[ 90日間保証 ]

内容が気に入らなければ、購入から90日以内なら無条件で返金します。しかも、本を返す必要はありません。

著者紹介

メアリエレン・トレビー


メアリエレン・トレビー


従来の起業家たちとは一線を画す。 現在は、主に、情報出版やデジタルマーケティング分野で成功を収める起業家たちのコンサルティングやコーチングを行っている。また、世界各国の伝統ある一流出版社にも力を貸す。 25年間のキャリアでは、『フォーブス』『クレインズニューヨークビジネス』『タイムズ・ミラー・マガジン』といった企業の数百万ドル規模の部署をいくつも成功に導き、アーリー・トゥ・ライズではCEO兼発行人を務め、わずか15カ月間で800万ドルから2600万ドルへの売り上げ増を達成して旋風を巻き起こしただけでなく、他にも数々の実績を上げた。 アーリー・トゥ・ライズ以前には、ワイス・リサーチ社の社長を務め、わずか1年で1100万ドルから6700万ドルへの売り上げ増へと導いた。 2008年に、働く母親たちに力を与えるメディア企業、WorkingMomsOnly.comを設立し、現在もCEOを務めている。 メアリエレンは、講演家、作家としても引っ張りだこである。マイケル・マスターソンとの共著で初の著書でもある『小さな会社のメディア・ミックス・マーケティング12の方法(ChangingtheChannel:12EasyWaystoMakeMillionsforYourBusiness)』(ダイレクト出版)は、発売から10時間でアマゾンの第1位に輝いた。

リスト・ビジネスの教科書

価格¥2,980
(税込¥3,278)

通常配送料無料

[ 90日間保証 ]

内容が気に入らなければ、購入から90日以内なら無条件で返金します。しかも、本を返す必要はありません。