ビックリするほどよく売れる 超・ぶっとび広告集
ビックリするほどよく売れる 超・ぶっとび広告集
単行本:351ページ
出版社:ダイレクト出版株式会社
ISBN-13:978-4-86622-009-3
著者:ビル・グレイザー
  • 価格2,980(税抜)
  • 通常配送無料

商品の説明


あなたが今まで学んだやり方は、全部忘れてください…

それは、チラシ作りの「プロ」とか、集客「コンサルタント」とか、マーケティングの「エキスパート」とかが教えている、王道で正統派で、しんどいやり方です。

というのも、私はある本を読んで裏技を発見したからです。これはとても楽しく、簡単な上に(ときには30分もかからないこともあります)、めちゃくちゃ売れるという「ぶっとんだ」方法です。

・・・うさんくさい!と思いましたよね?でもそこがポイントなんです。

ほとんどの人は、ちゃんと成果の上がる広告を作るにはものすごい時間と手間をかけなければいけない、と思っています。しっかり準備して、何度も打ち合わせして、そしてお金をかけて、、、信頼性が高くて「ちゃんとした」ものを作らないといけない、と思っています。

でもあなたもご存知の通り、広告がうまくいくかを決めるのはそういったところではありません。あなたが「ちゃんと」作ったとか、お金をかけたとか、一生懸命やった、ということと、広告がうまくいくことは当然のことながら無関係です。

たとえば、これらの「ビックリするほどよく売れた」広告たち。これらの共通点は何でしょうか?(本書「ビックリするほどよく売れる 超 ぶっとび広告集」に載っている広告です)

事例1)
社長の長期個人旅行中に旅行先から送った絵ハガキ。
旅行中、顧客が殺到!スタッフは大忙し…

絵はがきに「休暇中だってあなたのことを考えています」と一言メッセージを入れて、休暇中の旅先から顧客に送りました。すると、それを見た顧客がお店に殺到。休暇を終えて戻ってきたら、今までにない大きな売上が上がっていました…。

事例2)
「アレ」に似せた封筒で送ったセールのお知らせが大成功

さて、何に似せたかわかりますか?
封筒の中身は普通のセールのお知らせです。

事例3)
こんなのアリ??
誕生日「後」誕生日キャンペーン??

マーケティングに力を入れている会社は顧客の誕生日にキャンペーンをしますよね?でもこのハガキはそれとは少し違います。誕生日キャンペーンに反応してくれなかった顧客に、誕生日が終わったあとにフォローアップとして送られたもの。

「あなたの誕生日をお祝いできなかったことは本当にショックです」というメッセージを添えて、誕生日「後」の誕生日キャンペーンをオファーしたのです(笑)。こんなハガキが届いたら、あなたはどう感じるでしょうか?あなたのお客さんはどう感じると思いますか?

うまくいく広告の秘訣。
それは…目立つこと!

このようにうまくいく広告は例外なく目立っています。当たり前ですが、広告は読まれなければ全く意味はありません。あなたがどんなに魅力的な商品やサービスを持っていても、、、どんなに技術力に自信があっても、、、どんなにお買い得な価格を設定しても、、、その広告が読まれなければ、全てはムダです。

しかし、優秀でマジメで勉強熱心な人の作る広告は、目立ちません。

実際に、自分の家のポストを覗いて見ればわかります。ポストの中には、たくさんの広告が入ってくるでしょうが、その広告をあなたはどれだけ読むでしょうか?そのほとんどが、ゴミ箱行きじゃないでしょうか?

私たちが、1日にみる広告や売込みのメッセージの数は3700にも上ると言われていますが、、、「今の世の中にある広告の99%はゴミ」だと、ある広告業界の巨匠は話します。どれも似たようなものばかり、退屈で、読む価値のないだと。

ではなぜ、ほとんどの広告がゴミのようなツマラナイものになってしまうのでしょうか?
答えは簡単です。

それは、、、ほとんどの人が同業の広告をマネて作ったり、広告のセミナーで習った方法をそのままマネて作っているからです。同業の広告をマネたり、みんなが学んでいる方法で広告を作ったら、同じような広告ができてしまうのは、ごくごく当然のことです。。。

ただ悪目立ちする広告
vs
成果につながる広告

では、他の広告や方法をマネずに、誰もやっていない目立った広告を作ればいいのでしょうか?

当たり前ですが、それだけでは不十分です。全ての広告は、注目を集める目立つものにする必要がありますが、ただ注目されるだけではいけません。

少し前に話題になったネットの炎上マーケティングを考えてみて下さい。炎上マーケティングを使えば、知名度はあがるかもしれませんが、必ずしも売上が上がるわけではありませんよね?それに、「輝かしい賞をとるような奇抜な広告」必ずしも効果が高いわけではありませんよね?賞を貰うこととその広告が売れるかどうかは?は全くの別物です。

つまり、ただ目立つだけでは、売れるとは限らないのです。
では、たくさんの人に注目されて、そして成果に繋がる広告をどうすれば作れるのでしょうか?

セールス、マーケティングの
世界的な権威が絶賛するツール

それが、本書『ビックリするほど売れる「超」びっくり広告集』のメインテーマです。本書は、過去にビックリするほど売れた広告だけを集めた広告の事例集です。その広告のどれも絶対に誰もやっていないものです。つまり、この本に載っている広告やアイデアを正しく真似して広告を作れば、お客さんの注目を集める売れる広告を簡単に作れてしまう、ということです。(それも、あり得ないほどの大成功を収めるものをいくつも。。。まさに魔法のようなツールです)

さらに、本書は各分野の世界的な有名人が絶賛している名著。その中には、世界ナンバー1マーケティング・コンサルタントの”ダン・ケネディ”、米国でトップ5に入る講演家”ブライアン・トレーシー”、「営業の魔術」の著者”トム・ホプキンス”などがいます。また本書の英語版はアメリカのAmazonのレビューでは、なんと星5つのうち4.7点を獲得しています。(ちなみに世界的名著「7つの習慣」は4.6点の評価です)。

効果検証済みの広告の裏ワザを大公開

各分野の世界的な有名人が絶賛する本書の事例を一部紹介すると、、、

ランチョンマット(食器敷)を使った常識外のダイレクトメール
・ちょっとしたデザインの変更で、成果を3倍にしたラックカード広告
53.2%も結果を向上させた常識外の記事広告
・反応率ナンバー1のセールスレターに使った常識外の方法
(ビルクレイザーが送った全180通以上の中で最も反応が高かった方法です)
レスポンスを92%アップさせた業界初の広告プロモーション
(不動産業界では当たり前の方法を応用しています)
10秒でレスポンス率を30%アップさせる誰でも出来る方法
(わずか1、2文字をダイレクトメールに入れただけ)
・プラス 効果実証済みの優れた見出しリスト100

などなどがあります。

もちろん、本書のアイデアをすべてを試す必要はありません。可能だと思える二つか三つを試してみてください。きっとそのアイデアは、あなたに今までにない”常識外の成果”をもたらしてくれるでしょう。そして、この事例をマネして、2つ、3つの鉄板の広告やキャンペーンを生み出すことができれば、安定して大勢の顧客がやってくるようになるでしょう…。

目次

Foreword
広告革命―ダン・S・ケネディの告白…001

Preface
 ぶっとび起業家―なぜ、拘束服を着た男の言葉に耳を傾けるのか?…006
 私はなぜ、拘束服を着ているのか? … 006
 私はいかにして、“あり得ない”起業家になったのか …008

 

第 1部
なぜ、「超」ぶっとびなのか

CHAPTER1
注目を集める

あり得ないほどの成功に続いている道 … 025
人が通らない道を行き、違う視点で考える … 026
常識はずれ、でもルールは守る…027
うまくいった広告アイデアをほかの媒体で使う… 036
ぶっとんでいるからこそ、誰もが反応する … 038
どの業界にも、ぶっとんだアイデアはある … 040
アイデアは、世界中いたるところにある … 041
真の成功とは何で測るべきか … 044

第 2部
最強!「超」ぶっとび広告

CHAPTER2
成果をあげるには?

考えられる3つのレスポンス …048
ダイレクト・レスポンスとブランディングの違い … 049
イエロー・ページを、古い媒体と切り捨てるのはもったいない … 051
広告を3つのグループに分ける … 055
イエスかノー―あるいはたぶんそのうち … 056
選択肢が機会を生む … 057
Bグループに注意を払い続ける … 060

CHAPTER3
これが、ぶっとび広告だ

ありえない結果を生み出す実例 …062
効果がある理由を知るより、どんな広告が効果があるかを知るべし!… 064
ぶっとび広告はいたるところで効力を発揮する … 065
ぶっとび求人広告で成果を出すやり方 … 068
注目を集めよ。さもなくばゴミ箱行きだ! … 085
ビジネスから人生まで、ぶっとび広告を活用する7つのステップ … 085

CHAPTER4
ダイレクト・メールの革新

最強のツールに化けるぶっとびアイデア …090
なぜ私は、ダイレクト・メールを好んで使うのか? … 095
あなたがダイレクト・メールでターゲットにすべき人々 … 096
見た目で注目を集めるぶっとびダイレクト・メール … 101

CHAPTER5
力強い広告作り

見出し、オファー、期限を提示する …115
ぶっとびパワーアップ①見出し … 120
どんな広告にも見出しは欠かせない … 122
ぶっとびパワーアップ②オファー … 124
ぶっとびパワーアップ③期限 … 125

第 3 部
人を呼ぶ!ぶっとびの秘訣

CHAPTER6
世界を救う

もうひと稼ぎできるさらなるプッシュの工夫…142
正しく使えば、レスポンスを高められる要素がある… 145
相手の関心にアプローチするダブル・リーダーシップ・パス … 152

CHAPTER7
信用を呼ぶ言葉

テスティモニアルをたくさん集めるには…166
売り込みをしているあなたを人は信用しない … 167
優れたテスティモニアルは、どうやったら手に入れられるか … 169
人は疑り深い生き物である … 173
効果的なテスティモニアルの提示の仕方 … 174
テスティモニアルを広告に活用するぶっとびアイデア … 175

CHAPTER8
プレミアムの吸引力

プレミアムの知覚価値を上げる … 187
選択肢を与えれば、レスポンスは増える … 190
プレミアムをキャンペーンと関連付けるぶっとびアイデア … 194
リファーラルを増やすためのアドバイス … 206

第 4 部
ありえない!「超」ぶっとび戦略の成果

CHAPTER9
連続キャンペーン

失われた顧客をふたたび購入へとこぎつける… 210
違う考え方を排除しない … 212
ダイレクト・メールを3回送れば、レスポンスはその2倍になる … 213
連続キャンペーンを成功させるコツ――点と点をつなぐ … 217
“ 時の人”に語ってもらう … 225
失われた顧客に、ふたたび戻ってきてもらうには … 227

CHAPTER9
連続キャンペーン

失われた顧客をふたたび購入へとこぎつける… 210
違う考え方を排除しない … 212
ダイレクト・メールを3回送れば、レスポンスはその2倍になる … 213
連続キャンペーンを成功させるコツ――点と点をつなぐ … 217
“ 時の人”に語ってもらう … 225
失われた顧客に、ふたたび戻ってきてもらうには … 227

CHAPTER9
連続キャンペーン

失われた顧客をふたたび購入へとこぎつける… 210
違う考え方を排除しない … 212
ダイレクト・メールを3回送れば、レスポンスはその2倍になる … 213
連続キャンペーンを成功させるコツ――点と点をつなぐ … 217
“ 時の人”に語ってもらう … 225
失われた顧客に、ふたたび戻ってきてもらうには … 227

CHAPTER10
知恵を拝借する

良いアイデアは、自分のビジネスに流用してみる… 237
倫理に反する拝借・活用をしてはいけない … 238
優れたアイデアが手に入る3つの宝庫 … 240
自分のビジネスに流用するためのぶっとびアイデア … 245

CHAPTER11
特別な日を祝う

記念日やホリデーには必ず顧客にオファーする… 266
ホリデーや特別な日には、人々のレスポンスが良くなる… 267
記念日プロモーションには、なぜ効力があるのか … 268
絶対忘れてはいけない!4大ホリデー … 268
ヤニク・シルバーのマーケティング・プラン作成カレンダー … 269

CHAPTER12
非常識は面白い

固定観念からどれだけ自由になれるか… 291
どれだけ常識からはずれようと、制限する必要なし? … 292
とんでもないほど、ぶっとんだアイデアの数々 … 293

CHAPTER13
最高のキャンペーン

すべての要素を全部盛りで用いる … 304
1はマーケティングにとって最悪の数字である … 305
多様性が安定につながる … 306
マーケティング専門家としてのパラダイム・シフトが必要だ … 308
ベストを追求するためのぶっとびキャンペーン … 308

【常識はずれの付録A】優れた見出し100 … 329
【常識はずれの付録B】ホリデー・リスト … 335
【常識はずれの付録C】マーケティングの達人になった小売店主が、 小売業者がただ生き残るだけでなく儲けるために力を貸そうと決意したのはなぜか … 341

この本の使用上の注意

注:本書は、主題に関する正確かつ最新の情報を提供することを意図して作られたものです。出版社が、法律、会計、もしくはほかの専門的アドバイスを提供するものではないという理解のもとに販売されています。法律上のアドバイス、もしくはほかの専門家による支援を必要とする場合は、適格な専門家にご依頼ください。また、常識破りの方法を提案する本書は、米国での利用を前提として作られています。日本における法令等が前提となっているわけではないので、そのや り方を流用する場合は、必ず専門家にご相談ください。 日本語版編集部注:本書に記載の事例は、米国の法律、条令、税制をもとにしているケースが多くあります。法律や実務は、その国によって異なるものが多くありますので、その分野の専門家のサービスを受ける必要があります。本書の内容によって生じた、いかなる結果に対しても、著者や出版社が何らかの義務や責任を負うものではありません。

著者紹介

ビル・グレイザー

ビル・グレイザー(Bill Glazer)

ビル・グレイザーはグレイザー・ケネディ・インサイダー・サークル代 表、プロの講演家、マーケティング・コンサルタントおよびコーチ、そして 引く手あまたのコピー・ライターである。自身のビジネスを30年間“苦境に も負けず”切り盛りし大成功をおさめたビルは、並外れて効果的な(つまり 常識はずれな)広告と、あり得ないほどのレスポンスを集めるダイレクト・ レスポンス・マーケティングを完成させた。 今では、クライアントはビル・グレイザーに広告を書いてもらうのに最低 でも2万5,000ドルプラスロイヤルティを支払い、1日1万2,000ドルかかる コンサルティングを受けるのにおよそ9カ月間待つことになる。 2000年、業界誌『MR マガジン』はビルとその BGS マーケティング・シ ステムを、“ミレニアムにおいて業界に最も影響力のある人、場所、そして 事柄100”の1つにあげた。さらに、2002年リテイル・アドバタイジング・ カンファレンスで名誉ある RAC 賞を受賞した。